ボルサリーノが・・・

ピーチブルームの帽子デザイナー入澤恭子です。

昨日衝撃的なニュースが飛び込んできました。

ボルサリーノ破産申請。

Famed Italian hatmaker Borsalino, the company behind Humphrey Bogart's fedora in "Casablanca" and Harrison Ford's lucky headgear in the "Indiana Jones" movies, ...

世界のニュースでも取り上げられてますね。

でもブランド自体は残るんじゃないでしょうかね。そしたら職人さんも残れますよね。

だれか助けてあげてー!!

ボルサリーノといえば、個人的には次元大介なんですけどね。帽子かぶらないと射的の命中率が下がるって(笑)あれ?でも次元てほんとにボルサリーノだったのかな?

まあ、ボルサリーノは中折れ帽(ソフトハット)の代名詞みたいになってしまってるからね。

メーカーのボルサリーノですか?それともカタチがボルサリーノなの?という具合。

(ちなみに昔関西のテレビでピーチブルームが紹介されたときになにやら人気帽子ランキングをやっていて、第3位 ピーチブルーム 第2位 ニット帽  第1位 キャスケット!って紹介されてたんですけど、あれはなんだったんだろう(笑))

話戻しますが、帽子屋さんは貴重なのよ。有名なところがなくなってしまったら、ますますみんなが帽子かぶらなくなっちゃうじゃないの!!ダメ絶対!!

ピーチブルームのアトリエにもたまにお直しのご依頼を頂くことがあるんですけど、ボルサリーノ率が高い。

割れちゃった。って・・・・

中折れ帽って別名「ツマミ」とも言ったりしますが、

つまむな!!!割れるぞ。

どうにか後ろからあて布というか似たような素材当てて上から糸が見えないように補修したりしました。でも割れたもんは割れたもんよ。

あとは型がものすごくくずれちゃったから、戻してくれ・・とか。

うちにはボルサリーノの木型ないから、似た感じになら・・って直したり

サイズを小さくしてくださいっていうのとか、ブリム(つば・ひさし)がふにゃふにゃになっちゃったからまっすぐにしてくださいとか。

まあまあ、多いな。お直しのご依頼。

(ほんとはあんまりやりたくない)

お直しはネットでは受け付けませんよ。実際にものを見ながら説明しますんで。

こっちもお客さまの大切な帽子を加工しなきゃならないからびくびくなんですよ。弁償とか無理だし・・・

とりあえず電話くださいね。

帽子は取り扱いをきちんとすれば、長持ちしますから(白い帽体を除く/笑)

でも、次、ボルサリーノどうなるんでしょ。ブランドとか木型とか職人さんは残してほしい。

ボルサリーノは超有名で、古いし。

ま、でも私はジェームズロック派だけど。なぜなら発注くれるから(笑)

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。頭のサイズが小さいので趣味で帽子教室に通い始め、趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって17年くらい。 【趣味】帽子作り・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする