起毛生地の上下と芯地に関するなんたらかんたらを説明したりという、本日の帽子教室

ピーチブルームの帽子デザイナー入澤恭子です。

本日は帽子教室。

午前の生徒さんはただいまクロッシェを製作中でございます

起毛した素材(シャギー)を選ばれたのでしばし起毛素材の解説に時間をあてました。

別珍素材を例に、生地の上下、見た感じどうなるのか。だから生地の上下はこうしたほうがいいっていう講義。実際に生地の毛並みの流れを触って確認して見て確認して、洋服との違いなど熱く説明。

こちらの生徒さんはおうちでも何個も作られております。

せっかくなので写真を撮らせていただきました。

無謀な柄合わせに挑戦!!と言ってましたが、ちゃんとあってます。美しい。

どんだけ柄合わせ好きなんじゃー(笑)

このキャスケットのバイザーの芯を柔らかいのにしたので、こうしてくるんとさせることもできます。可愛い。

いや、なんというか、みるみる腕を上げてます。やっぱり数を作ると違いますね。

はじめはミシンで縫うときにいちいち、抑え金は?!下糸どうなってる??!!はい!そこで返し縫い!!右手のプーリーはそっち方向に回さない!!!などと説明しておりましたが、今では慣れた手つき。
(いや、ただ、私がうるさかっただけなのかもしれない!!/笑)

パターンを生地にうつして裁断する場合も、最初は「縫い線」を生地に書いてからその上を縫っていたのですが、「それじゃ時間もったいないでしょ。絶対大丈夫だから書かないで縫ってみなよ!!」と何度も説得。縫い代も最初は1センチ。「それだと仕上がりがちょっともたつくんだよね。5ミリにしなよ!!」と何度も言い続け・・(うるせーよって絶対思ってたに違いない/笑)

今では縫い線書かないで、縫い代5ミリでいけます。ふふーん。やっぱり早いでしょ?そのほうが。

今日も最初の別珍の講義に時間とられなければ完成したのに、惜しい!!!(いや、別珍とか芯のことはやっぱり説明したほうがよかったでしょ?と無理やり最後に「はい!よかったです!」と言わせる、なんたらハラスメント/笑)

帽子教室って面白い(私が面白がってどうする/笑)

一応、生徒さん募集中・・・

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。頭のサイズが小さいので趣味で帽子教室に通い始め、趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって17年くらい。 【趣味】帽子作り・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする