帽子作りをはじめるときに最初に用意したい割台

帽子教室ピーチブルームの先生もやってる入澤 恭子です。

教室の生徒さんや帽子作りを趣味にされている方に朗報。

もちろん他の教室の生徒さんにもお勧めですよーー!!

以前にもブログで紹介した「D」の力。

この度さらに進化しました。

帽子を作るときに、結構頻繁に登場する「割り台」とか「割台」。

これ、既製品を買うとなると結構、値が張るんですね。
(既製品があるということ自体すごいんですけど/笑)

というわけで、ホームセンターで板を買ってきて自作したりします。

ピーチブルームで使っているのは帽子教室時代に友人に作ってもらったもの

そしてホームセンターでカットしてもらって作ったもの。

あとは和裁の行割でももちろん代用できます。

ちょっと帽子を作ってみたい・・・という方には買うにも作るにも結構ハードルが高いわけで、先日、300円ショップで見つけたこの「D」が結構使えそうだ!ということでご紹介したわけです。

300円ショップで150円で売っていた(笑)でも百均でも見かけたことあり。

帽子を一個や二個作るくらいなら、ちょっとぐらついたりしても我慢できるけど、やっぱりちょっと安定感がない。そしてもうすこしだけ高さも欲しいなぁ。

というわけで、再び百均へ繰り出してまいりました。

で、見つけてきたのがこれ

引き出しつきの小さな箱。

これに

木工用ボンドで貼りました。

貼ったら一日くらいほっておくとしっかり付きます

ギリ端っこに貼りました。

なぜならこうすると

ブライス用のイスになります。

うちのブラミちゃんも寅さんのコスプレしながら大喜び(笑)

開きます(笑)

ブライスの服とかいれるんでしょうか。

あ、いい忘れてましたが、割台ってこうやってアイロンをかけるときに使います。

帽子は立体的なので、こういう風に縫い代を割るときに大活躍。

さらに、この面も使えそう。ちょこっとだけアイロンかけたいときとか。

どうよ。

小物もいれられるわ、ブライスのイスにもなるわで超優れもの!!!

しかもかかった金額、Dが150円(+税)、箱100円(+税)

250円(+税)ですよ。

我こそは!!という帽子作りストよ!是非お試しあれ!!!

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。頭のサイズが小さいので趣味で帽子教室に通い始め、うっかり趣味が高じて帽子デザイナーになってしまって17年くらい。 【趣味】帽子作り・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動