帽子のブリム(つば・ひさし)ってなんで「つば」って言うんでしょうか。っていうお話。

ピーチブルームの帽子デザイナー入澤恭子です。

こないだお客様と雑談していたときに、

帽子のブリムって、なんでつばって言うんでしょうね?なんて話に。

あ、ブリムって「ひさし」とか「つば」ともいいます。念のため。

やっぱり刀の「つば」みたいに、こう、ぐるりと出っ張ってるからじゃないですかね??

つばツバ

    • 刀剣を握る手を防護するために付けられている部品。
    • 帽子の前面、もしくは全周に付いている日よけ。ブリム。
    • 部材からはみ出すように出っ張った部分の総称。フランジを参照。
  • トゥヴァ。ロシア・シベリア南部の地名。

Wikipedia より引用 最終更新 2015年6月11日 (木) 19:17
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A4%E3%81%B0

wikiさんに聞いてみた。

おおー。

よく見たら。トゥヴァもツバって!!!!トゥヴァ共和国のことだ!!!昔トゥヴァの歌唱法、ホーメイ習ってたことある!!!巻上公一先生にっ!!(笑)

ホーメイって発生のやり方が主に4つあって、スグッドとボルバンナディルとカルグラとホーメイの4種類で・・・・私はボルバンナディルはできなかった気がする。(いきなりマニアック/笑)。

要はまあ、あのモンゴルのホーミーみたいなもんですね。いやはや、なんで習ってたんだろ。我ながら、怪しい(笑)そして懐かしい。ちょっとうなってみよう(笑)(歌ってみようじゃなくて、うなってみようのほうがあってる/笑)

すぐに話が横道にそれてしまってすいません。

そう、ブリムのことでした。でした。

つばっていうけど、ひさしとも言いますよね。これはやっぱり屋根的なあれだからですよね。

庇(ひさし)って書きますしね。

あと、帽子の工場だと、「えん」とも言った気がします。円って書くんでしょうかね?

「へり」ともいうから「縁」のことなんでしょうか。これって「えん」とも読むし。

最初、全く意味がわからなくて「えん」「えん」って言われてビビったもんです。「大きいえん」とか「えん刺し」とか(これはおそらく、ブリムのステッチのことを言うんだと思う。あってるかな?知ってる人、教えて/笑)。

まあ、そんなわけで、帽子の部分の名称ってなんだか統一されていない気がしますよね。

私はブリムっていいますけど、

「プ」じゃなくて「ブ」です。

「ブリム」です。

小さい文字だとわからないからね(笑)

でも、わからない人がいるのでブリムって入力すると

ブリム(つば・ひさし)って自動的に出るようにしてます。辞書登録ですね。

ちなみにbrimも英英辞典で調べると、「なんか出っ張った縁」みたいな訳が出ます。

「ホワイトブリム」はメイド服のコスプレの時に頭につけるレースのやつのことですね。

↑これ。ついでに猫耳もついてるけど(笑)

でも、あれ、なんでホワイトブリムっていうんだろう。なにか間違えて広まっちゃったんだと思うんだけど。レースのカチューシャでええんちゃうやろか?

と思ったけど、ホワイトブリムのほうがもはやイメージしやすいですからね。

言葉は進化する。それでいい。

でも普通に帽子のブリムはつばでもひさしでもえんでもなく、ブリムで統一してもらいたいなー。

PeachBloomのお客様は比較的マニアックな方が多いので、「ブリム」っていってくださる方が多いです!!ありがとうございます。うれしいです!!!

まあ、そんなわけで今日は一日ブリムのことを考えておりまして、さらに切ってました。

ブリム跡。

切ったブリム。

そんな一日でした。

今日、メール頂いたお客様。明日、いや明後日にはお返事します!!!

今日はまだまだお仕事でございます。よろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。頭のサイズが小さいので趣味で帽子教室に通い始め、趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって17年くらい。 【趣味】帽子作り・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動・2018年4月から水耕栽培にはまりはじめてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする