赤ちゃん用ボーラーハット出来ました。

PeachBloomの入澤です。

もう9月終わる・・・えっ!!!マジすかー。

早い。早すぎるわ。

今週はなぜか様々な飲み会に誘われまして、おもにバッグ屋さんたちと飲み上げてしまっておりました。

仕事柄、ものづくりの人たちに会うのは楽しいですよね。そして、帽子屋だからこそこんなにバラエティ豊かな人々に囲まれて仕事できてるんだと思う。

(いや、帽子屋というところはあんまり関係ないかもしれないけど/笑)

水曜のメンバー

門前仲町のせんべい屋

銀座のコーヒー屋

日本一のボタン屋

アクセサリーパーツ屋

靴屋

そして木曜のメンバー

バッグ屋×2

金曜のメンバー

バッグ屋×4

バッグ屋さん多いな(笑)

で、昨日は赤ちゃん靴屋さんに赤ちゃんボーラーをお渡し。

いまひとつ小ささがわかりにくい。50センチ仕上げ(サイズ調整付きなので46cmくらいからいけます(笑))

横にハイライト置いとけ!という声も聞こえてまいりますが。

大人用と撮ってみました。

ゆがむなー。私のアンドロイド。

左側が大人用。さらに言うと、ハットジャグリング専用の帽子だから3層構造になっていてかなり重さあります。飛ばしたり落としたりするから重さと強度が必要なんですよねー。これ、ネットで買いました。一時期、ハットジャグリングの練習しようとマジで思ったんで(笑)

サイズは56センチかな。(←完全に自分用なので小さめです(笑))

50センチというサイズはなかなか売っていないらしく、特に私も赤ちゃん用を得意としているわけではないのですけど、相談されたんで、じゃあ試しに作ってみよーということになりまして型から作ってみたんですよ。

というのが、前日からちらちら出してるこの子。

いや、おもろいわ。

帽子の型って木型職人さんに頼んだり、あとはチップといって、やたら手間がかかる製法のやつがあったりするんですが、これなら1日でできちゃう。

ほかの形も作ってみよう。とひそかに考えております。ひそかにじゃなくていいか(笑)

赤ちゃんサイズのボーラーハットもかわいいなー。大人用と比べてみないとわからないけど。

でも、赤ちゃんはきっと帽子嫌いだと思う(笑)

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。頭のサイズが小さいので趣味で帽子教室に通い始め、趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって17年くらい。 【趣味】帽子作り・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動・2018年4月から水耕栽培にはまりはじめてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする