帽子のリボン(ハットバンド)はバイヤスに切ったほうが良いですぜ、旦那。

ピーチブルームの帽子デザイナー入澤恭子です。

生地の裁断。リボンのとこです。ハットバンド。

型紙作るのもあれで、かといって書くのもあれなんで定規2本使いで(笑)

帽子にくるりとつけるリボンなんですけど、バイヤスにカットしたほうがいいですよー。

帽子の腰っていうこともあるんですけど、長年帽子業界用語になじめない(笑)

帽子業界育ちではないからなんですけども。

帽子の内側にぐるりとついているベルトみたいなの、なんていうか知ってます?

私は「サイズリボン」って言ってるんですけど、帽子業界では

「ビンカワ」とか「スベリ」って言うんですよ。

最初聞いたときは、えー!!そんなー。なんかかわいくない!!!って思ってたんですけど、最近は慣れてしまいました。でも言わないけど。

ちなみにサイズリボンの後ろのとこにリボンがついてるのって「ビンちょう」って言うんですって(笑)

マグロがむしょうに食べたくなる。

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。頭のサイズが小さいので趣味で帽子教室に通い始め、趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって17年くらい。 【趣味】帽子作り・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動・2018年4月から水耕栽培にはまりはじめてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする