帽子のカスタムオーダー。こんな感じでやっております。昨日は男性の方のハンチング完成しました♪

ピーチブルームの帽子デザイナー入澤恭子です。

春なのに寒い。けれどもおひさまが出るとぽかぽかでウキウキしますね。

さて、昨日の続き。

昨日はカスタムオーダーの流れを説明しながら現在進行中のハンチングのこと言ってましたが。

もう一度おさらいからー。

ハンチングがご希望とのことでしたので、PeachBloomのデザインのなからご提案させていただきました。(ネットに載ってないやつもあるので、何歳くらいで男性とか女性とか、普段の服装のお好みなんかも教えていただけるといろいろとご提案できますよ。どんな形の帽子がいい?なんていうのも大丈夫です~)

その次に生地選び。デザインや季節に応じてと、色の組み合わせなんかも含めてお客様に選んでいただいてからアドバイス。意外な組み合わせほどオシャレになったりもします。

そこは百戦錬磨の私、入澤にお任せくださいよ。オーダーメイドの帽子だけでも2000個以上の実績ありマス。ていうか、怖い。あと少しで2500個ですよ。まさかそんなに作ることになるとは思ってませんでした。

アトリエに来たら、こんな生地見本から選んでいただけますよー。

アコーディオン弾いてもいいですよー(笑)(アコーディオンが横に見切れてる)

で、

へたくそな私の絵でご説明。これで説得率10割ですから(笑)

身振り手振りでご説明。ボディランゲージ得意なほうです。

そして、

生地。しわが気になるけどもちゃんとアイロンかけるから大丈夫ですよ。

お客様のサイズに合わせてパターンを作成。

カスタムオーダーでもひとつづつ、生地の厚みを考慮してお客様の頭のサイズに合わせて型紙作ってるんですよ。量産じゃないの。

で、

完成。

私、この形のハンチングかなり気に入ってるんで、かなりの確率で男性の方のハンチングのオーダーはご提案しちゃいますよ。

で、このタイプのお値段は 12,000円(+税)です。生地代込み。

世界にひとつだけのオリジナルの帽子ですね。

あなたもおひとついかがですか?プレゼントにも最適。

あ、母の日とかもあるしね。

いまなら母の日、間に合います。

The following two tabs change content below.
ちっちゃなころからものづくりが大好物。頭のサイズが小さいので趣味で帽子教室に通い始め、趣味が高じてうっかり帽子デザイナーになってしまって17年くらい。 【趣味】帽子作り・アコーディオン・料理・時代劇・バンド活動・2018年4月から水耕栽培にはまりはじめてます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする